旦那が好きじゃないと気づいた時の対処法。私は幸せになれますか?

 

自分を責めなくていいよ。選択肢はあるんだから。



「始めから旦那を好きじゃなかった・・・」

 

そんなに思いつめないでくださいね。

 

人は完璧じゃないので、時には間違うときもあります。

 

「旦那が嫌い」というきもちを放っておくのではなく、

「なぜ嫌いなのか」「いつから嫌いだったのか」を考える必要があります。

 

できれば具体的に。

 

自分を責めているだけじゃ、答えは見つからないですからね。

 

今回の記事を読み進めていくうちに「これからどうして行きたいのか」がわかってくるはずです。

 

心の整理もできますから、どうぞ最後までご覧くださいませ。

 

記事の内容
  • 「夫もう好きじゃない」と思ってしまう3つの理由
  • 【我慢できない!】夫への愛情が冷めたときの3つの対処法
  • 最初から好きじゃなかったのに結婚した私が馬鹿だったんでしょうか・・・

 

「夫もう好きじゃない」と思ってしまう3つの理由

 

私

「どうして夫を好きじゃないのか」

原因を考えないで、自分を責め続けてしまう女性多いですね。

 

他に好きな人がいたのに、気の迷いで夫を選んでしまった

 

恋愛したら判断能力がグッと下がると言われています。

 

ということは冷静な判断ができる人は数少ないということ。

 

あなたは客観的に自分を見れていましたか?

 

そうじゃないなら、他に好きな人がいたのに勝手に諦めてしまって
その時期に付き合っていた夫を選んでしまった可能性もありますよね。

 

例えば好きな人が、頭良くて顔がイケメンですごく人気があったらどうでしょう。

 

女性は恋愛をするとネガティブ思考になるので、

十分魅力的でも「私には釣り合わない・・・」と思い込んでしまうことがよくあります。

 

それに、「そろそろ結婚したいな~」と考え始めた頃はなぜだか
気になる人が3人ぐらい現れます。

 

オーラが変わるのかわからないですが、モテ期になったりするんですよね・・・

 

で、気の迷いが起こりやすいんです。

 

周りに流されて焦って結婚してしまった

 

・今まで独身を貫いてきた女友だちが突然結婚した。

・そこまで仲良くない昔の同級生から結婚式の招待状が届いた。

・職場の年下の後輩が最近寿退社した

 

このような状態だと、どうしても焦ってしまうんですよね。

 

しかも20代半ばぐらいになると母親から「いい人いないの?」なんてことを言われたり・・・

 

この年代は、生きづらさを感じている人もたくさんいるのではないでしょうか。

 

生き方が自由になった現代でもやっぱり固定概念はなくなりません。

 

正直、焦って結婚すると後々後悔することが多いです。

 

付き合ってた頃から価値観合わないのに結婚してしまった

 

女性は負けず嫌いなので、簡単に諦めるということがなかなかできないんですね。

 

だからこそ、結婚相手を間違えることもあります。

 

例えば付き合ってた頃から浮気が当たり前、ギャンブルが当たり前の彼だった場合、

客観的に見るとダメ男なのに
「私の見る目は間違ってない」「結婚したら変わってくれるだろう」と思い込もうとするんです。

 

今付き合っている人を反対されるのは嫌じゃないですか?

 

いい気持ちにはなれない。

 

なので、親友の警告さえもスルーしてしまうことって結構あるんです。

 

後々「この人のどこがよかったんだろう」と思っても
当時は気づかない・・・

 

「夫もう好きじゃない」と思ってしまう3つの理由
  • 他に好きな人がいたのに、気の迷いで夫を選んでしまった
  • 周りに流されて焦って結婚してしまった
  • 付き合ってた頃から価値観合わないのに結婚してしまった

 

【我慢できない!】夫への愛情が冷めたときの3つの対処法

 

私
感情的になると「離婚」がすぐ頭によぎってしまいますよね。でも、選択肢はひとつだけではありません。

 

「夫にイライラすることがあってもいい」と開き直って生活する

 

夫にイライラしない妻はいません。

 

男性って、はっきり言ってあげないと女性の気持ちがわからない。

 

女性は結婚したら、家事・育児・仕事。

自分の時間が取れないぐらい大変ですよね。

 

それなのに夫は「仕事をしていたら文句言われないだろう」みたいな態度でいる。

 

もちろん仕事をしてくれるのはありがたいこと。

 

だからといって、家事や育児に一切参加しなくていいとはなりません。

 

毎日とはいわなくても、週に1度くらい食器洗いをしたり、

お風呂掃除したり、夕食を作ってくれたり。

 

こんなことを普段からしてくれるなら、今よりは夫へのイライラ爆発しないですよね?

 

でもそんな夫はなかなかいない。

 

育児もそう。

 

子供を授かる前に二人で決めたはずです。

 

なのに、勝手に「子育ては妻の役目」と夫からも世間からも言われる。

 

ほんとうに女性は頑張っています。
頑張りすぎるくらい。

 

してくれないからイライラするのは当たり前なので、じぶんを否定しないで
「イライラするのは仕方ない」と開き直りましょう。

 

夫に求めてもくれないものを外に求める

 

女性が浮気をしてしまうのは、必要なものが手に入らないから。

理想の結婚を取り戻したいからです。

 

「浮気しようかな・・・」と既婚女性が追い詰められてしまうのは
何度話し合おうとしても避けられる現状がきっかけ。

 

「疲れてるから」と言われ、妻の話を聞こうともしない。

 

夫婦の時間を取ろうと思ったら先に夫が寝てる。

 

いろんな状況が重なって、「何言っても無駄だな」と諦めざるを得なかったから
外に相手を作ろうと考えるわけです。

 

夫にたいして愛情が冷めてたら、なんのために
楽しくもない結婚生活を続けてるんだろう・・・と考えてしまいますよね。

 

こどもは大切。

でも、母親かもしれないけどひとりの女性でもあるんです。

 

「愛されたい」と願って何が悪いんでしょうか。

 

女性は愛されることで人生が辛くても「がんばろう」と思えるんです。

 

離婚の準備をする期間と考える

 

旦那と生活していて不満が溜まった結果、「最初から好きじゃなかったのかもしれない」と自分に言い聞かせているのか?

 

それとも

 

ほんとうに最初から好きじゃなくて、結婚をしてみたかったから
たまたまそばにいた旦那と結婚してしまったのか?

 

どちらかによって、今後の選択が変わってきます。

 

もし、「子供のためにも離婚しない方がいい」というのが我慢できないなら
離婚という選択肢もあります。

 

ただ何も考えずに離婚したらあなたが損してしまうので、

『離婚の準備をする期間』と考えた方がいいですね。

 

『離婚の準備をする期間』は夫婦でもう一度向きあう時間でもあります。

 

専業主婦なら、情報誌の求人情報をさらっと眺めて
あれこれ考えないで、気になった求人に応募してみる。

 

不安なら、問い合わせて気になることを聞いてください。

電話の応対の仕方で職場の雰囲気を探るのもいいでしょう。

 

あとは、図書館などで離婚のおおまかな流れを把握した方がいいですね。

 

離婚はすぐに決められるものではないので、そのときの感情だけで判断するのはあまりおすすめしません。

 

家庭問題の相談が得意な占い師さんに話を聞いてもらうと
気づけなかった点に気づけたりします。

 

結構、夫婦の悩みを電話占いで吐き出している女性増えてますよ!

 

誰にも言えない悩みを聞いてもらえますからね。

 

【誰にも言えない悩み相談したい】我慢しないで楽に生きれる方法を一緒に考えましょう!

 

【我慢できない!】夫への愛情が冷めたときの3つの対処法
  • 「夫にイライラすることがあってもいい」と開き直って生活する
  • 夫に求めてもくれないものを外に求める
  • 離婚の準備をする期間と考える

 

最初から好きじゃなかったのに結婚した私が馬鹿だったんでしょうか・・・

 

馬鹿じゃないです。

 

じぶんの本心に蓋をし続けてきただけ。

 

旦那さんと出会った頃から「なんか違うな」という違和感を持ち続けたまま
籍をいれてしまったんですね。

 

結婚したら、家族になってしまうので
きもちが変わるのはしょうがないし、ずっと恋人のような夫婦は珍しいです。

 

どんなに愛し合って結婚したとしてもきもちは変わっていくのだから、

最初から好きじゃなかったのなら嫌悪感が強くなるのは自然なこと。

 

同じことを繰り返さないためにも、

じぶんの本心を受け入れましょう。

 

最低な女だと責めるのはやめて、「旦那が好きじゃないのも私なんだ」と認める。

 

本心から目を背けたら、我慢が増え、ますます
旦那さんとの生活に疑問を抱くようになります。

 

【まとめ】好きじゃない夫と過ごす時間がもったいないと感じるなら、婚外恋愛も視野に入れましょう。

 

まとめ
  • 自分の本心に逃げないで向き合いましょう
  • 旦那さんとの生活が苦痛なら、他の男性と歩む人生もあります。

 

私は婚外恋愛が悪いとは思わない。

 

同じ女性だから気持ちが分かるんです。

 

まれに新婚でも冷めきってる夫婦はいますが、ほとんどそんなことありませんよね。

 

でも結婚して3年にもなると、徐々にお互いの扱いが雑になる。

 

そして相手を傷つけていることさえも気づかないんです。

 

あなたは旦那さんとの結婚を決めたとき、一度は夫婦になることを受け入れたはず。

 

だけど生活していく中で、夫婦の時間も少なくなり、会話もなくなっていく。

 

会話があるとしたら「ご飯まだ?」「今日のご飯何?」「お風呂入りたい」ですよね。

 

まるで妻を母親や家政婦と間違ってるんじゃないか・・・というような
扱いをされます。

 

こうなると不満が溜まるのはしょうがないです。

 

ずっと男性に大切に扱って欲しいと願うのが女心。

 

あなたの場合、結婚する相手が違っていたのかもしれませんね。

 

旦那のことが嫌いで、すぐにでも離婚するのが難しいなら
婚外恋愛もありなんじゃないかと思うんですよ。

 

実際に、旦那に不満を感じている人は外で恋愛している女性もいます。

 

「夫が好きじゃない」のなら、「ほんとうに好きじゃないのか?」「夫が明日からいなくなっても平気なのか」に気づくためにも外で相手を作ってみたらどうでしょうか。

 

頭で考えるだけじゃ、答えはでない。

 

夫がまだ大切だと思ったなら、元の生活に戻ればいいだけです。

 

【誰にも言えない悩み相談したい】我慢しないで楽に生きれる方法を一緒に考えましょう!

プロフィール
この記事は私が書きました
りん

30代女性です。子なし主婦。
転勤妻で東北で暮らしています。
旦那との関係で悩んでいて、孤独もかんじていて・・・・・・
いまも夫婦の悩みはつきない。
夫婦の悩みを抱えているひとと一緒に
しあわせな結婚生活を送るため、試行錯誤しながら
やってみた方法や勉強したことを書きとめています。
もちろん、失敗した経験談も書いていくつもりです。
おたがい、笑顔が増えたらいいですね!

りんをフォローする
未分類
りんをフォローする
『ペンタスのように希望はかなう。』
タイトルとURLをコピーしました