【子供欲しいけど旦那の子供はいらない】この先後悔しないための賢い選択

 

「どうせ誰も理解してくれない」と、その悩みを抑え込んでいませんか?

 

「本音を言えば、結婚直前くらいから私は旦那との性交渉が辛かった」

 

「妊娠したくないので、こっそり避妊薬を使用している。」

 

子供が欲しいきもちはあるけど、相手は旦那じゃないって思ってしまうのは
辛いことですよね。

 

親が旦那を信頼していたら、ますます「今は子供産みたくない」と言えないでしょう。

 

結局はあなたが決めることですが、この機会に
自分自身としっかり向き合ってください。

 

心の中の叫びに耳を傾ければ、これからどうしたいのかが見えてきます。

 

記事の内容
  • 「旦那の子供を産みたいと思わない」原因3つ
  • このまま産みたいと思えないなら・・・この先の3つの選択
  • たくさん考えたり、ネットでアドバイスをもらっても決められない時の対処法

 

「旦那の子供を産みたいと思わない」原因3つ

 

私

「旦那の子供を産みたくない」

このような感情になるのは、今だけが原因じゃなく、

積み重ねた不満が引き起こす場合もあるのです。

 

なんとなく流されて結婚した

 

恋は盲目とよく言われるんですけど、その通りです。

 

相手に没頭しているときは気づかないんですよ。

 

良い部分しか見えないから。

 

例えば、旦那さんが年上なら「頼りがいがありそう」とか勝手に思い込んでしまう。

そして、流されて結婚する人もいます。

 

そんなに好きではなかったのに、彼の押しが強くて流れで結婚してしまった。

 

周りが結婚ラッシュでなぜか焦ってしまった。

 

このような状態になるのって結構多いんです。

 

押しに負けてしまう女性もいるので、籍入れた後に後悔する悩みがネット上に溢れています。

 

私もその1人。

 

日頃の行いを見て、子育てを手伝ってくれる未来が見えない。

 

女性は頑張り屋さんだから、自分だけ犠牲にしてしまうことが多いんですが
それはしなくていいです。

 

「旦那の子供は欲しくない」と考えるようになったのは
旦那の日頃の行いにも問題があります。

 

よく言われるのが、家事を手伝ってくれない、いつも飲みに行く、

休日は彼だけ遊びに行く、こっちが話をしようとしたら逃げる・・・

 

ここに書いてないことも重なって、「もう旦那に期待するのはやめよう」と諦めてしまったのではないでしょうか。

 

今、お風呂掃除や食器洗いなどをしてくれないなら
子供ができても手伝ってくれることはほぼないでしょう。

 

なぜなら、何も言わずに手伝ってくれる男性は結婚する前から自然にできる人だからです。

 

すでに夫に対して愛情がなかったのに、自分をごまかして生活してきた。

 

腐れ縁や情は、結構私たちの邪魔をしてきます。

 

なんとなくズルズルと付き合って、なんとなくズルズルと結婚してしまった。

 

付き合いが長くて人生の思い出がほぼ彼だったり、情が出てきてしまって
別れ話を言えなくなったとかだと、ほんとうは好きでもないのに本音にフタをしてごまかすこともあります。

 

なぜなら、夫と別れてしまったら
人生の中に何も残らないような気がしてしまうから。

 

夫と付き合ってた時期に他に好きな人がいたのに、その気持ちを抑えて、

なかったことにしていませんでしたか?

 

一度自分の気持ちに嘘をついてしまったら、嘘をつき続けてしまうんですよね・・・

 

幸せになるために結婚するはずが、偽りの家族を作ってしまうことになります。

 

「旦那の子供を産みたいと思わない」原因3つ
  • なんとなく流されて結婚した
  • 日頃の行いを見て、子育てを手伝ってくれる未来が見えない。
  • すでに夫に対して愛情がなかったのに、自分をごまかして生活してきた。

 

このまま産みたいと思えないなら・・・この先の3つの選択

 

私

ドロドロした感情をなかったことにするなんて、

もうできないですよね?

 

ご主人と話し合う(避妊に納得してくれたらそのまま生活を続ける)

 

ご主人は子供が欲しいと思っている。

だから当然セックスを求めてきますよね?

 

だけどあなたはご主人の子供産みたくないわけですから、気持ち悪いと感じるだろうし、

避妊をしているでしょう。

 

このまま問題を放置していると、ますます溝が深まり、

「なんでこの人と結婚したんだろう」という疑問が強くなりますから、話し合った方がいいです。

 

話をまともに聞いてくれなくても、一番言いたいことを言った方がいい。

 

思い切って言ったことでご主人の態度が変わったりしますから。

 

ご主人の収入で楽に子育てをすると割り切る

 

この先子供が一人くらいいた方がいいなと思うのなら、ご主人の子供を産んで
収入を当てにして楽に子育てをするという方法もあります。

 

子供が産まれたら結構お金がかかります。

 

急な出費が多いです。

 

他人のこどもをかわいいと思えなくても、自分の子はやっぱり別格ですし、

好きじゃないご主人との子でもあなたの血が入ってるわけですから・・・

 

本気でご主人と無理な人は、セックスもできませんし、触れられたくなくて
誘われても毎回避けるでしょう。

 

父親みたいにしか見えないなら、気持ち悪くてできなさそうですが。

 

他の男性との子供を産む

 

出産は女の権利です。

 

「ひとりでも子供が欲しい」という気持ちがあるならそれは本能。

 

本能に従うのも大事。

女性が幸せになるためにはね!

 

じぶんにウソをついたら、幸せは遠のくばかりですから。

 

究極の方法ですが・・・

 

外に彼氏を作って、子供を産むという女性もいます。

 

旦那に話せば離婚問題に発展するのは避けられないですが、

他の男性の子供でもいいのならこういう大胆な選択もありだとは思います。

 

このまま産みたいと思えないなら・・・この先の3つの選択
  • ご主人と話し合う(避妊に納得してくれたらそのまま生活を続ける)
  • ご主人の収入で楽に子育てをすると割り切る
  • 他の男性との子供を産む

 

たくさん考えたり、ネットでアドバイスをもらっても決められない時の対処法

 

私

人はたくさんの情報を見るほど決められなくなるのです

 

電話占いで相談

 

どうやってご主人と向き合っていいのか分からなくて、前にも進めず、

前に進むのも怖くて立ち止まってるのではないでしょうか。

 

そんな状態の女性の手を引っ張って「こっちだよ」と明るい方へ連れて行ってくれるのが占いでもあります。

 

だからね、もっと気楽に使って欲しいんですよ。

 

短い時間での鑑定でも、一人でずっと悩んでいる時間よりはすごくすごく
濃厚な時間になるはずです。

 

なぜなら私が実感しているから。

 

女性って毎日1時間外に吐き出さないとストレスが溜まるんですって。

 

で、我慢できなくなって苦しくなる。

 

少しだけ前を向く気持ちが出てきたのなら、電話占いを使った意味はきっとあると思うんです。

 

あなたの愚痴や黒い部分にもしっかり耳を傾けてくれるそんな存在がいるだけで
結婚生活って楽になりますからね。

 

【誰にも言えない悩み相談したい】我慢しないで楽に生きれる方法を一緒に考えましょう!

 

信頼できる友達に話す

 

話をちゃんと聞いてくれる友達いますか?

 

できれば口が堅い人がいいですね。

と言うか、口が軽い人には話さない方がいいです。

 

夫婦の悩みはデリケートなので、おもしろおかしく話を聞く人に相談しても
何も得るものはありませんし、もっと傷つくだけ。

 

「人の不幸は蜜の味」みたいな考えの人に話したら痛い目にあいます。

 

なので相談するなら、昔から何度か相談していて、真っ向から否定するのではなく
ちゃんとあなたの幸せを願ってアドバイスしてくれる人。

 

こんな友達だったら話してみてください。

 

じぶんの両親に話す

 

どうしても、自分の両親とご主人の両親は違います。

 

何が違うかって、やっぱり自分の子供の味方になることが多いんですよ。

 

そうなると、「夫との子供を産みたくない」と義両親に言ってしまえば
妻側が責められることになります。

 

これでは話し合いにはなりませんし、いいアドバイスも聞けません。

 

なので、話す時は自分の両親に相談しましょう。

 

私の両親は「結婚生活で苦労ばかりしてるなら家に帰ってきなさい」と言ってくれたこともありました。

 

親はこどもの幸せを結婚してからも願っています。

 

話す時は、「ちゃんと聞いて」と真剣な姿勢で話すこと。

 

ごまかすようにサラッと言っても、あなたの声に耳を傾けてくれません。

 

たくさん考えたり、ネットでアドバイスをもらっても決められない時の対処法
  • 電話占いで相談
  • 信頼できる友達に話す
  • じぶんの両親に話す

 

【まとめ】「旦那の子供は産みたくないけど、他の男性の子供は産みたいのか?」をじっくり考えてみましょう。

 

まとめ
  • 今抱えている違和感はなんなのか考えましょう
  • 旦那が子供を望んでいる場合、いつか向き合わなきゃいけない時がきます。

 

子供は授かりもの。

 

なので、片方が子供が欲しくないのに産むのはどうかと思うんですよね。

 

簡単にこうした方がいいよというアドバイスができる内容ではありません。

 

心の奥底にある気持ちは、「自分が我慢すればいい」「ごまかして夫との生活を続けていけばいい」こういう考えからは出てこない。

 

ずっと結婚する前から、ごまかして生活しているのなら
これからもきっとごまかして生きることになります。

 

自分の汚い本音に向き合うのは苦しいですが、あなた自身に問いかけてみてください。

 

・旦那の子供は産みたくないけど、他の男性の子供は産みたいのか

・ただ子供が欲しくないだけなのか

・親に孫が見せたいために子供を望んでいるのか

・旦那を男として見れなくなったから、年下の男性との子供が欲しいのか

 

このようなことって、本人には言えないですよね?

 

だけど、みんなドロドロした部分は持っています。

持っていなければ人じゃありません。

 

それぐらい、悩みながら前に進んだり後ろに下がったりを繰り返している。

 

人生に正解なんてない。

 

ただ言えることは、ご主人との生活に違和感を感じている。

これは事実なので、その違和感を取り除かなければ明るい未来には繋がらないんですよ。

 

今まで付き合ってきた年月、情が邪魔をして判断できなくなっているのではないでしょうか。

 

向き合おうとしたけど諦めてきた何かが必ずあるはずです。

 

それを、自分とじっくり向き合って見つけてみましょう。

 

【誰にも言えない悩み相談したい】我慢しないで楽に生きれる方法を一緒に考えましょう!

プロフィール
この記事は私が書きました
りん

30代女性です。子なし主婦。
転勤妻で東北で暮らしています。
旦那との関係で悩んでいて、孤独も感じていて・・・・・・
今も夫婦の悩みはつきない。
夫婦の悩みを抱えている人と一緒に
幸せな結婚生活を送るため、試行錯誤しながら
やってみた方法や勉強したことを書き留めています。
もちろん、失敗した経験談も書いていくつもりです。
お互い、笑顔が増えたらいいですね!

りんをフォローする
未分類
りんをフォローする
『ペンタスのように希望はかなう。』
タイトルとURLをコピーしました